【同日開催】3/7(土)、スロウな本屋にて、『農福連携が農業と地域をおもしろくする』・コトノネ33号 刊行記念トークイベント開催!

no_fuku_33_banner
『農福連携が農業と地域をおもしろくする』と、コトノネ33号の刊行を記念して、2つのトークイベントを同日開催します。会場となるスロウな本屋は、「ゆっくりを愉しむ」をコンセプトに選んだ本を通じて、ひと、モノ、ことをつなげる本屋さん。木造長屋を改装したくつろぎの空間へ、ぜひ足をお運びください。

『農福連携が農業と地域をおもしろくする』トークイベント

農福連携

いま、農業と福祉がつながって、障害者だけでなく高齢者や引きこもりなど、さまざまなハンデを持つ人の働ける場が生まれています。1月31日刊行の『農福連携が農業と地域をおもしろくする』では、そんな農福連携の現状と展望を、コトノネで取り上げてきた事例とともにご紹介しました。本書の執筆者の一人でありコトノネ編集長の里見喜久夫が、農福連携の具体例や実践者の実感についてお話します。

●日時:3月7日(土)13:30 – 15:00
●場所:スロウな本屋/岡山市北区南方2-9-7
●参加費:(A) 2,980円 書籍代『農福連携が農業と地域をおもしろくする』1,980円込み (B) 1,500円 参加費のみ
●定員:20名

本の詳細は、こちら

「コトノネ33号」刊行記念 コトノネ編集長 里見喜久夫×松村圭一郎 トークイベント

表紙

2月20日発売のコトノネ33号。「ぶっちゃけインタビュー」では、文化人類学者の松村圭一郎さんにお話をうかがいました。テーマは「うしろめたさ」。被災地に寄付をする。貧しい人にお金を渡す。「何をしても、何もしなくても、このうしろめたさが、つらい。善意って、なんなんでしょうか」コトノネ編集長の里見喜久夫が問いかけます。息苦しい社会を変えるヒントは「うしろめたさ」にあり?え、どういうこと?教えて、松村先生!

●日時:3月7日(土)16:00 – 17:30(受付開始 15:30~)
●場所:スロウな本屋/岡山市北区南方2-9-7
●参加費:(A) 3000円 書籍代『コトノネvol.33』1100円込み (B) 2500円 参加費のみ
●定員:30名

松村圭一郎(まつむら・けいいちろう)
1975年熊本生まれ。岡山大学大学院社会文化科学研究科/岡山大学文学部准教授。専門は文化人類学。エチオピアの農村や中東の都市でフィールドワークを続け、富の所有と分配、貧困や開発援助、海外出稼ぎなどについて研究。著書に『所有と分配の人類学』(世界思想社)、『文化人類学 ブックガイドシリーズ基本の30冊』(人文書院)、『うしろめたさの人類学』(ミシマ社/第72回毎日出版文化賞特別賞受賞)、『文化人類学の思考法』(共編 世界思想社)、『これからの大学』(春秋社)。

コトノネ最新号の詳細は、こちら

●お申し込みは、スロウな本屋までメールでお願いします。
スロウな本屋ウェブサイトは、こちら
農福連携が農業と地域をおもしろくする
「コトノネ33号」刊行記念 コトノネ編集長×松村圭一郎 トークイベント