コトノネ

社会をたのしくする障害者メディア KOTONONE

  • 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

コトノネの本

『いっしょが、たのしい』

『いっしょが、たのしい』

定価:1980円+税(A4横 96ページ)

[著者] 里見喜久夫(季刊『コトノネ』編集長)
[撮影] 岸本剛、山本尚明、平山賢治(ボランティア・カメラマン)
[発行] 株式会社はたらくよろこびデザイン室
[発行日] 2018年11月10日

ご注文は、以下お問い合わせボタンより、お願いします。

アマゾンでも購入できます。

amazonで買う

[内容紹介]

「地域につながる」ことは、「地域をつなげる」ことでした。

写真
ひとつの福祉施設の、なんでもない日常
『コトノネ』編集長の里見喜久夫が、3年間ほどひとつの障害者福祉施設に通って本にしました。『コトノネ』でおなじみの写真家の岸本剛さん、山本尚明さん、そして、地元のボランティア写真家の平山賢治さん(トヨタ自動車勤務)にも協力していただいて、素敵な写真集になりました。
写真
「いっしょが、たのしい」から「ひとりも、たのしい」
写し出されるのは、障害者福祉施設でのなんでもない日常です。地元の農家や商店や料理家などさまざまな人が登場しますが、多くは障害者の写真です。畑仕事をしたり、なかには座っている人がいたり。個室で音楽をたのしむ人がいれば、庭でただ草をむしっている人もいます。
写真
障害者福祉は、「みんなの福祉」でした。
写真を撮り、話を聞き、そんな日々を重ねていくと、町に生きる障害者福祉施設の姿が見えてきました。障害者を支援することで「地域につながる」。それは「地域をつなげる」ことでした。障害者福祉は、いつしか「みんなの地域福祉」になっていました。
写真
写真
写真